海を堪能|与論島のツアーには魅力が沢山~参加希望者は早めの予約が大切~

沖縄で大人気!青の洞窟でシュノーケリングを楽しむ方法

海を堪能

海中

シュノーケリングの楽しみ方

シュノーケリングを行うには、シュノーケルと水中メガネ(マスク)、足フィンを使用します。シュノーケルにより息ができるので、息継ぎをすること無くずっと水中をみていられるのが魅力です。また、水面を移動するだけでは無く、潜って楽しむこともできます。この時には、シュノーケルの中に水が入りますので、シュノーケルの中の水を出すシュノーケルクリアをマスターしておくと良いでしょう。あわせて、深く潜る場合には耳抜きも覚えておくのが得策です。初心者の内は足フィンを使っての水面移動がスムーズに行えるように練習しましょう。これができるようになれば、水中にも簡単に潜れるようになります。潜るコツとしては、水中移動で推進力を付けた後で、頭を水中に入れると同時に腰から上半身を直角に下方向に折り曲げると、頭から水中に入れるようになります。体全体が水中に入った時に下に向けて足をばたばたとすると潜っていきます。

初めてシュノーケリングに挑戦する人への注意点

シュノーケリングは楽しいレジャーですが、海に潜る危険と隣り合わせのレジャーでもあります。最初の注意点としては、「ひとりで潜らないこと」です。たとえば、足がつったなどの緊急事態に一人でいると誰にも助けてもらえません。海にはウミヘビなどの危険生物もいますので、何が起こるかわからないことは覚えておいた方が良いでしょう。また、「潮の流れが無いところで楽しむ」事も大切です。シュノーケリングでは、息継ぎをしないため海中の景色を楽しんでいるうちに、沖から遠くに流されてしまうこともあります。可能であれば、潮の流れが少ないところでシュノーケリングを楽しみましょう。また、息継ぎが必要なくても数秒ごとに現在地確認のために顔を上げることも大切です。更に、「基本スキルをマスター」してから、シュノーケリングをすることが大切です。基本スキルとしては、マスククリアとシュノーケルクリアのことです。マスククリアはマスクの中に入った水を出すことで、水中でマスクの下の部分を少し隙間を作り、鼻から息を吐き出すことでマスククリアが行えます。シュノーケルクリアとは、シュノーケルの中に入った水を出すことで、お腹に力を入れて一気に息を吹き出すとシュノーケルクリアが行えます。

シュノーケリング以外で青の洞窟を楽しむ

基本的には沖縄の青の洞窟は、真栄田岬から階段を降りそこから泳いで向かう事になりますが、ダイビングショップによっては「ボート」を出してくれますので、ボートで見に行くことも可能です。ただ、洞窟は狭いのでボート処かカヤックも入ることができません。もし、泳ぎが苦手ということであれば、ウェットスーツとライフジャケットがレンタルできますので、これらの装備を付けて洞窟に入ってみると良いでしょう。この時には、水中メガネもレンタルした方が良いです。水中の綺麗な魚もみられるようになります。

格安にシュノーケリングを予約する方法

格安のシュノーケリングを予約する方法としては3通りあります。一つ目としては、インターネットでショップのホームページをチェックすることです。格安プランが出るのは繁盛記の前後ですので、夏が終わる10月以降から翌年の夏前の7月中旬頃までをチェックしておくと格安情報がアップされていることがあります。二つ目としては、ショップに電話をかけてみてプランを聞いてみることです。格安ツアーを教えてくれますし、直接先方と電話で話すことでそのショップの雰囲気がわかります。三つ目としては「予約サイト」を利用することです。色々なショップのツアー料金や、レンタル料金などを一度に比較できて便利です。

広告募集中